忍者ブログ
ポケスペ替え歌歌詞をおいてあります
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


原曲:天使にふれたよ!(けいおん!/放課後ティータイム)
ポケスペガールズだけどパート分けはないそうです



ねぇ 思い出のカケラに
名前をつけて保存するなら
宝物がぴったりだね

そうココロの容量が
いっぱいになるくらいに
過ごしたね ときめき色の毎日

はじめて旅立ったあの日
まだ慣れないことばかり

こんな調子のままで
目指すとこまで行けるのかな

でもね、会えたよ! 素敵な仲間に
旅はまだ終わりじゃない
これからもよろしくね

一緒の思い出 忘れずとっとこう
いつまでも輝いてる
ずっと その笑顔ありがとう

ねぇ 旅の初めよりも
背丈が伸びたみたい
見えないゆっくりなスピードでも

きっと あの空は見てたね
何度もつまづいたこと
それでも 最後まで歩けたこと

ふわりココロの内側
こぼれた絆の羽

ふかふか積もるまで
このままでいれたらいいのにな

でもね、ふれたよ! 愛すべき仲間に
ありがとうって言いたくなる
この気持ち変わらないよ

深まる絆に 過ぎてく毎日
とびきりの夢と出会いくれた
神様にありがとう

知らない街 険しい道
辛くたって同じ空見上げて
皆で笑おう!

でもね、会えたよ! すてきな仲間に
旅はまだ終わりじゃない
これからもよろしくね

大好きっていうより 大大好き!・・・照れるね
忘れ物もう無いから
また 一緒に歩いてこう
PR

原曲:ちょこまじ☆ろんぐ(初音ミク・鏡音リン/OSTER project)
一人称が変わっているくらいでほぼ原曲と変わり無しです。
キャラ声で歌う用?
EMはラルドとミツル、DPはダイヤとパール、BWはブラックとホワイト



パステルカラーの街
待ちわびてたこのparty time
とびきりのお洒落でも
高鳴る鼓動だけはデコレーション出来そうもないよ

夢じゃなくて あなたの事を感じたい
いつだって
もう止まらない ヨコシマな妄想だけじゃ
足りません・・・!


ストロベリー色に色づいた
私の頬見つめないでよ
考えてきたセリフも忘れちゃいそう

チョコレートの口づけで
心まで溶かしてみせるよ
覚悟しててね! 作戦通りの笑顔でいくよ



幸せ色に染まる
笑顔が溢れるsunny day
とびきりのこの気持ち
誰より早くお前にプレゼントしてやりたいんだ

いつもよりも 背伸びしてるコーディネート
気づくかな
もう止まらない この胸のドキドキは隠せない


ラズベリー色のときめきを
あたしの中から見つけ出して
早くしないと爆発しちゃいそうなの

チョコレートの眼差しで
甘い香り撒き散らしてくわ
誘われるまま アタシのこと捕まえてみて


あの角を曲がれば 君が待っているんだ
誰よりも早く この想い
EM:伝えたいよ
あなたを 愛する気持ちなら
誰にも負けないんだから!

ストロベリー色に色づいた
オレの頬見つめないでよ
考えてきたセリフも忘れちゃいそう

チョコレートの口づけで
心まで溶かしてやるから
覚悟しろよな 作戦通りの笑顔でいくぜ


DP:あなただけにこの想いを…オレだけのこの想い
I want you I need you
だれより早く あげるからな
とっておきのこの言葉

BW:あいしてる!

原曲:ショットガン・ラヴァーズ(初音ミク/のぼる↑)



それはいつもやってくる 何十回目かの質問
その髪型どうなってんの? 俺たちはクロワッサンズ
[come on baby]

今夜もどこかで 輝いている
闇に交わる 三日月のシンフォニー
どれくらいの硬度なんだろう? 
この手で触れて 感じたい
今・・・


絶好の瞬間を
ここに 君の 熱いクロワッサンで
絶対に離さない
ここじゃ 君は 甘いオイラの非常食


「なんだってんだよー!!」

「俺が究極のパン屋に!!」
「当たり前だ!!俺がこねた!!」
「私だってマサラのトレーナーだもの!!
二人と同じパンが焼きたかったのよ!!」

「ぼくはあなたと同じパンを買いたくない!!!!
出て行ってくれませんか?このパン屋から・・・・・!!!!!」


あれほど硬い髪も 一晩で元通り
水がかかってしまえば 一瞬でストレート
[そんな水をかけないで]

髪を決めるため 早起きするでしょ
違う髪型に 興味がないのさ
朝起きるのが早いのなら 
眠気も早く訪れる

最大の魅力は
実は 一番 常識あるとこ

最小の共通点
ふたり とくに 絡む事のない他人だ


「ただ焼くんじゃねえ、こんがり焼くんだ!!!!!」
「汚い手でクロワッサンに触るな!!」
「きゃーーーー!!wwwクロワッサンがふたり!!」

「本当の焼き加減はオーブンで200度だ!!」
「センリさん、僕にパンを焼かせようとしてるんじゃないですか?」
「あたし、クロワッサンのことが好きったい。一緒にパン屋へ戻ろう」
「俺はパンが好きなんじゃない!!クロワッサンがすきなんだ!!!!!」

「おいしそうな髪型だなぁ、それに香りがあって。クロワッサンみたいだ」
「弱いんだよなぁ、北海道産バター。みせつけられるとさ」
「クロワッサンを焼くのであれば、財力ではなく実力で挑みます、
ベルリッツの名にかけて!」


「俺は絶対絶対!!パン屋になってやるからなぁぁぁぁぁぁ」
「俺は今から焦げるぜっ!!」

キャラが立つか立たないか そんなシビアなポケスペの世界で
生き残っていくためには 髪型で目立つしかなかったのさ

だったらいっそ一回の 感情的なイメチェンで
終わらす方がいいかな?
三角お山やウニ頭 憧れてしまう気持ちを
消すため今日も 感じたい

さあ・・・今

だおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

三日月の髪型で
かぶる はずは ないと思ったのに
見事にかぶってる
朽ちた おれはそう 愛哀愛哀

絶好の瞬間を
ここに 君の 熱いクロワッサンで
絶対に離さない
ここじゃ 君は 甘いみんなの非常食

きっと明日には 食べられ 

BYE

原曲:津軽海峡冬景色



はいはーい☆
ロシアンルーレットで見事「からし入りシュークリーム」を食べたゴールドくんが、罰ゲームとして歌ってくれまーす?

あ、ミツルくんちょっと 命にかかわるかも
え?なに?
ちょっとトイレ
あぁ、行ってらっしゃい
あれ?ミツルくんは?
エスケープさせたよ
このからしいりシュークリーム、どうするんです?
ぅわっ ばばばばか!お嬢さん食べちゃだめだ!
そうだよーだってこんなに辛いのお嬢ひゃまんcヴびんl;も、:l。;:・」¥
ってお前が食ってんのかい!!「からい」ああもうほら辛いだろっ?
水ー!水ー!水くださーい!

おおーっとなんかちょっぴり罰ゲームに小慣れた感じがムカツクわねゴールドくん
それでは、どうぞー

あ、お水っ はいどーぞっ


コガネ発のリニア列車降りた時から
シンオウ駅は雪の中
  (うぇっか、開通してないですよ!)
北へ帰る人の群れは誰も無口で
海鳴りだけを聞いている
  (ははっ宴会みてえww)
私も一人サントアンヌ号に乗り
  (お前じゃ乗れねーぞーw)
  (身の程を知りなさーいww) 
凍えそうなキャモメ見つめ泣いていました
ああ アサギ海峡・冬景色

  (アサギシティにキャモメは生息してないわよ)
  (いーんだよ細けーことはよォ!!)
  (ところどころテキトーww)
  (よかよか!ゴールド先輩素敵ったい!)
  (きっとこういう罰ゲームやり慣れてるんだろうね)
  (すごいなぁダイヤ、先輩たち!)
  (そうだねぇ)
  (あら、シルバーは?)
  (まだお手洗いに行ってますよ)
  (逃げたわね…)
  (…zZ)
  (しかしよくこの騒音で寝れるな)

ごらんあれがハナダ岬 北のはずれと
見知らぬ人が指をさす
  (あ、飲み物空ですね。何か頼みます?)
  (ああ、すまんな)
  (あ、あたしもよかですか?)
  (俺電話しますねー)
息でくもる窓のガラス拭いてみたけど
  (俺ミックスオーレ!)
  (俺オーレー)
  (詐欺かよ!!)
はるかにかすみ、見えるだけ 俺サイコソーダ♪

さよならあなた 私は 帰らねえ
  (赤青紅:帰れーww)
風邪の音が胸をゆする泣けとばかりに
  (エメラルドさっきから何も入れてないでしょ?
   なにか歌いなよ!なんなら一緒にデュエットする?
)
  (いーよ別に俺は)
  (あーっ!ルビーずるか!
   あたしもエメラルドと一緒にデュエットしたかとよ!
)
ああ クチバ海峡・冬景色
  (えーわがままだなぁ)
  (わがままってなんね!)
  (お前ら俺を挟んでイチャイチャするなぁ!!)

  (てかひどくないっスか!?
   罰ゲームとかいってばっちり飽きてるじゃないっすか!!
)
  (だってあんた、歌いなれてるんだもの
    これならグリーンに歌わせた方が面白かったわ
)
  (きゃーっイケメングリーンさまー)
  (うるさい)
  (まだ歌ってたのか)
  (おかえり、シルバー)

おかえりシルバー トイレが長すぎる
  (ほっとけ!!)
風邪の音が胸をゆする泣けとばかりに
  (ふふっ、ゴールドだいぶ疲れてるわねえ)
  (はは、お前が歌わせたんだろ;)
ああ アサギ海峡・冬景色

  (やーどうもどうも!ははっどうもどうもー)
  
  (おーいミツルくーん、もういいよー。無事でなによりだよ)
  (うん、だたいまー。何だったの?)
  
  (シルバーてめぇ俺の美声を聴かずに便所かコラァ!!)
  (お前のネタよりトイレのほうがはるかに大事だ)
  (んだとォ!?)
  (こら!ケンカしないの!!)
  
  (ルビー!ラルド!ミツルくん!
   あたしたちも先輩たちに負けてられなかとよ!
)
  (だからなんで俺も入ってるんだよ!)
  (ははは)
  (えー勘弁してよ、アレと張り合うなんて)
  (おうこらそこのオシャンティ小僧「アレ」ってなんだ裏に来いや)
  (僕は用事がないので遠慮します)
  
  (おい、終わったぞイエロー)
  (…ほぇ?…zZ)
  ()

  (パールこれ入れてー)
  (またタウリナーΩかよー…)
  (私も覚えたので、是非ご一緒したいです)
  (覚えたの!?)

  (よーしグリーン一緒に歌おうぜ!お前ソーナンス役な!)
  (断る)
  (パッパパラパラパラパラパラ♪)
  (あーもう早くマイク取り上げてそれ)

原曲:リンちゃんなう!(初音ミク・巡音ルカ/オワタP)



ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!

(^ω^≡^ω^) おっおっおっおっ

サファイアをぎゅーぎゅーしたいな
じたばたするのを押さえ込んでぎゅーってしたいな
腕噛まれるのもアリだよ 噛んでいいよ サファイア

パールと二人で買い物に行くことになって、
なんでもない顔で「デートだねー」って言って
めちゃくちゃに意識させたい。

レッドさんはいつも帽子をかぶっていますが、
朝、こっそり猫耳にすり替えて、
いつ気づくかなーと思っていたら、
レッドさんが出かけたのにぼくが気付かず、
夕方帰ってきたレッドさんが猫耳カチューシャを握りしめて真っ赤な顔で睨んできたため、反省したい。

(^ω^≡^ω^) おっおっおっおっ

ミツル君をちやほやしたい。
ちやほやされ慣れてないミツル君が挙動不審になるのを見て、
さらにちやほやしたい。ちやほやしたい。

グリーンにPixivで「グリーン イケメン」
で検索をかけた結果を全力で見せつけたい。

イベント会場ではイエローに姉さんコスしてもらいたい。
しかし、強烈な違和感を発するぺったんこな胸に無意識に目がいってしまい、
「も、もう着替えますっ」
と逃げ出そうとするイエローを必死にフォローしたい。

(^ω^≡^ω^) おっおっおっおっ

朝起きるといきなり成長していたエメラルドに、
どう接していいかわからずに食事中も言葉少なになり、
こども用の食器とか使わせてるのが何故か申し訳なくなりたい。
食後、オレが片すよとか言われても
「あっぼくがやります!」とか敬語になりたい。

ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!

(^ω^≡^ω^) おっおっおっおっ

クリスがバイト禁止なのにメイド喫茶でメイドさんしてるのに出くわして、
ぎこちない姿を納めたい。

お嬢様がいつまでたっても敬語なので、
そのたびに「そんな緊張しなくていいよ」
「はっ、はい」 みたいな会話を毎回やりたい。

魔法少女か… って呟いてるシルバーに
「シルバーが魔法少女になったら男の娘だね」
とか声をかけたくて、
でもきっと殺意しか返ってこないから我慢したい。

(^ω^≡^ω^) おっおっおっおっ

疲れて帰ってきたダイヤがソファで隣に座って、
そのまま肩に寄りかかって寝てしまい、あたたかくなりたい。

ブルー姉さんが目を閉じて唇をこちらに向けるので、
しばし動揺して迷って、それを表に出さないように
セクハラしたい

町で出会ったルビーはなんとメガネをつけており、
声をかけると 「普段からつけてますけど!」 と
気まずそうにするけど、やっぱりメガネも似合ってんじゃん、
と本心を口にしたところ、俯いて無言になられたい。

(^ω^≡^ω^) おっおっおっおっ

「ずっと前から好きだった」
ってメールをゴールドから貰い、どきっとしたい。
「嘘つくなw」と送ると
「バレた?でもこんなメール送れるのオメェくらいだからよw」
って返ってきてドキドキしたあと
「もちろん嘘!」 と来て、何も信じられなくなりたい。

ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!
ポケスぺなう! ポケスぺなう!!
ポケスぺポケスぺポケスぺなう!!!

原曲:only my railgun(Frip side/とある科学の超電磁砲)



叫べ! その身に刻んだ決意 言葉すら置き去りにして
限界など知らねえ 意味ねえ!この能力(ちから)で進んでいく
その先に遥かな想いを

歩んできたこの道を振り返ることなど
したくないから 後悔の道は選ばない
戦いに挑むその度 強さと弱さを噛み締める
でも俺は歩いてゆくよ 誓いと夢を果たすため

burning heart walk to my dream way with turbo blades.
only my intent get at in 今すぐ
身体中を光の熱さが駆け巡った 確かな予感
掴め! 望む夢なら残さず 輝かす 俺の力で
信じてるさ あの日の想いを この瞳に宿る炎
それこそを強さにするから


立ち止まると 耐えがたく思える悔しさに
嘘をつくこと それだけは絶対したくない
俺自身が選んだ この長く遥か遠い道程(みちのり)
導いた答えがいつも 俺の衝動を揺さぶる

sparking soul shiny aim awake with tera voltage.
only my intent get at in 必ず
戦っていく 戸惑うことなく 傷ついても 歩みは止めず
射抜け!凛と煌めく瞳は 真っ直ぐに 敵を貫く
迷いなんて 打ち砕く物(もん)だ
この心が叫ぶ限り 誰一人邪魔なんかさせねえ



雪のように 唯一の願いは この体に積もってゆく
切り裂く黒(やみ)のその先にある 痛く酷く 冷たい記憶
胸に刻む 誓い(やくそく)を焦がす 絶望には負けたくない
俺自身が 俺であること 胸を張って 全て誇れる!

burning heart walk to my dream way with turbo blades.
only my intent get at in 今すぐ
俺の心(なか)を光の速さで駆け巡った 微かな運命(ちから)
吼えろ!心に刻んだ決意 言葉さえ必要とせず
絶対など有り得ねえ 意味ねえ!
俺の脚で走ってゆく その先の無限の未来へ……!

原曲:アルミナ(ナイトメア)



流れる時間(とき)と移る空間 刹那的煌きを
この世の記憶に刻むため 歩み続ける Believer

誰にも見れない宇宙(ユメ)を見て 要らないものは全て捨てた
集いゆく同胞(なかま) 宇宙(ユメ)のため動き出す

まだ地(リアル)宇宙(イデアル)の狭間にいて
鎖を一つ壊されても尚
溢れる衝動押さえはしない 強く求める心があるから

「アグノム」「ユクシー」「エムリット」
意志・知識・感情を
目的のため捕らえよう 手段選ばぬ thinker

夜空を突き刺すテンガン山 宙(そら)など見えない天井(うえ)見上げ
始まりを味わ いに来たというのに

名を記すならば愛用のペンを
争い事のない新世界
未来(あす)へと繋げる ギンガ団で
この手に掴むものを見たいから

瞼を閉じ意識の銀河(うみ)に浮かんで 思い描く
世界を手にするその時を

限りある「生」をこの世に受け 枯れゆくだけは愚かに等しい
他の誰もが持ち得ないもの 「自分自身」という名の結晶へ

強き意志を突き通すこと いつか感情(きもち)へ変わる
経験はいつか知識へと The absolute truth.

流れる時間(とき)と移る空間 刹那的煌きを
この世の記憶に刻むため 歩み続ける Believer 

原曲:ニャースのパーティ(犬山犬子)




みかづきがたの クロワッサンヘアー
鎮める弾丸携えて
アピール宣言高らかに
フロンティア制覇始めちゃうぜ

金銀きらきら 夕陽がしずめば
それが 祭りの始まりの合図!

バリアのジュータン しきつめた
夜空の パーティ会場
何が起きるか 何を起こすのか
ドキドキしながら 見ていろよ

先輩たちが石に?バトルに!
オレらの盾に大奮闘
エメラルドの願い届かず
ショックで心が落ち着かない
エメラルドが全て吐き出す
願い星は見てるのか?

「オレは…、ずっと…独りだったんだ」

駆けゆく思い出 ゆらゆらと
揺らめく 小さなかけら
お気楽笑顔に 浮かぶ安らぎ
ようやく手にした 暖かさ


その瞬間リングが輝き
究極技を手に入れて
倒れちゃう先輩たち
応戦しながら されながら
エメラルドが やっと気付いた
オレがホントに好きなのは!

バ バ バトルの リズム変われば
そろそろ 祭りもおしまいの合図!

おはよう 悪夢は解けたんだ
目覚める パーティ会場
もうすこしだけ あとちょっとだけ
おまえの時間も動き出す

10人所有者全員集合
笑顔の前に決戦だ!
暴走ポケモン これでいないよ
鎮める力で 大逆転!
エメラルドが今叫んだ
「今、撃つ!一斉に!!」


明日が7日目 慌てる2人
いっそみんなでトーナメント
10万観客 やるしかないな
ヒトもポケモンも バトルしよう!
眠るジラーチ そっと笑う
「おやすみ。そして…ありがとう」

原曲:NAO(HY)



あなたと出会ったあの日のことが忘れられなくて
二人過ごした日々が私を一人弱くする
会う度にまた惹かれてくことホントは気づいてた
それでもいいの
心が叫ぶ あなたに会いたいと

最後にあなたの傍にいるのは
多分私じゃないだろうけど
今だけは傍にいさせてよ
他の誰かいても 

今までのあなたを思い返すとキリがない位
私のこの胸はあなたで今、一杯で歩けない


どんなにあなた一緒にいても分かってくれない
あなたが想う人は世界でたった一人だけ
あなたは多分気づいてないけど 優しい顔向ける
私の知らない笑顔があるの 黄色いあの子しか

あなたに惹かれあなたに恋して
好きだから好きのまま走って
でもね、あなたは遠くなるばかり
私の気持ち知らずに

諦めたくなっても あなたまたホラ、優しくするでしょう
同じ気持ちじゃないならそんな言葉や態度なんてやめてよ


だけど悔しい程あなたが愛しい
あなたの傍にいたいどんな形でも


叶わない恋だと知っているのに 気持ちはもっと熱く
強くなり悲しいくなり
あなたの前じゃ笑うことしかできず

たくさんの涙はあなたを想う切ない恋心
「好き」というたったそれだけの気持ちで動いた

大きな片思い

原曲:そして僕にできるコト(day after tomorrow テイルズオブシンフォニア)



「今、あなたは……
その痛みと、どこかで戦っているのね。」

あのねキミがもしも戦いに行くなら
わたしは支えてあげるカラ
そして願い続ける 全て終わった後の
笑顔の瞬間を

離れていく大切な子
我を忘れ暴れている
護りたくて走るけれど
無力なまま絶望した
助けてくれた
キミの名は

あのねキミがもしも戦いに行くなら
一緒にわたしも行くカラ
だって敵をほっとくなんてできるわけない
さあ走り出しましょう

あのねキミがもしも敵の恐ろしさを
見誤っているのなら
わたし本気みせて気付かせてあげるわ
やらなきゃ駄目だって


お別れね 大切な子
これからは 彼の元で
信じてるの だから託す
水中なら任せてね
水のエキスパート
おてんば人魚

あのねキミが何処かいなくなったなら
必ず救い出すカラ
それがわたしじゃなくても構わない
無事でいてくれたら
あのねキミが目指す大きな夢を
なくさないように願うわ
キミが抱える痛みを分かちあわせて
一緒に戦いたい


「…いいのよ、わたしは満足している…。
…そしてうれしいの…。

自分とともに戦い、育ったポケモンが…、
今度は別の人のもとでもっと強くなる…、そのことに……。

最初から、わかってた……」


あのね最初からね わかってた未来
最後に隣にいるのは
それがわたしの誇り 微笑み浮かべた
わかっていたけれど
あのねたったひとつ持ってた想いは
花のように散ったけど
いつか会えたキミに送りたい大切な
言葉は

「……なんでもない」
 HOME | 1  2 
Admin / Write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[10/19 uggs outlet]
[08/28 NONAME]
[07/31 NONAME]
[12/12 ぽけポケ♪]
[11/15 Nick]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]