忍者ブログ
ポケスペ替え歌歌詞をおいてあります
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


原曲:ジュブナイル(鏡音リン・レン/Dixie Flatline)



And I've just found I'm addicted to you
I love the way you feel turn me on more

結びつく in the place to be
約束の日 no doubt
turn it up turn it up


ふたり違う夢 追って旅をした 抱えた傷は同じだったのに
”運命のあの日” 今日も想い出す
越えて行(ゆ)きたい!「痛み」も「自分」も

忘れた事なんて無かった
ボクを変えた運命の日は、
苦しくて でも輝いてて
だって 夢みたいに楽しかったんだ

あの頃のボクは 今と逆、
強くなりたくって バトルばかりで
そしてキミは綺麗好きでおしゃれで・・・
ふたり真逆なのに 打ち溶け合った

いつもの様に遊んでいたボクらの
目の前に現れたのは、ボーマンダ
キミを守るために戦った
磨きかけの強さで がむしゃら

でも、勝ったのにキミは泣いてて
・・・・キミが怯えたのはポケモンじゃない・・・
戦うボクの姿だったんだ
キミの背中が遠ざかった

強くなる程に 失うばかりなの?
父さんだってそうじゃないか?
何が正しいか わからないままで
逃げ出すように キミを目指した

And I've just found I'm addicted to you
I love the way you feel turn me on more


今の、バトルとか大好きな
こんなあたしから 想像も
つかないんじゃなかと?
昔は大人しかったとよ?

服がだいすきで!(今は葉っぱの服・・・)
綺麗ずきで!(今は泥だらけったい)
アタシがこんなに変わった理由
あの日のきみ追って 今日まで来たから 

きみは、父ちゃんの親友の子。
強くって、たくましくって、眩しい
きみと過ごせたのは数日間
でも、本当に本当に楽しかった!

突然の 出来事やったと
驚いた いつもとは違う瞳(め)に
守ってくれた 大好きな、きみに向って
・・・「こわい」と放った

自分の弱さを きみにぶつけたの
傷をつけたのは あたしの方で
強くなりたいと 初めて思った
あたしもいつか 誰かを守りたい

昔、あんな事があったから、 今のあたしがあるんだ、とか
そんな風に言えるほど まだ強くない
でも未来は確かに拓かれた


ふたりの不思議な運命
出会って別れ また巡り合う
報われぬ過去の過ちさえ
重なる出会いが意味を持つ


ただひとつひっかかるのは
マボロシ島でのあたしの告白
勇気ば振り絞って言ったとに
あんた 忘れたふりしとるやろ!


だから何の事を言ってるの?
知らないって何度も言ってるのに!
「せっかく曲が美しくまとまりそうなのに・・・これだからキミときたら・・・!」

「アンタこそ、とぼけとるんじゃなか?!」

遠回りの旅、すれ違いの過去、
どんな日々にだって 意味はあって
君がいてくれて 僕になれたんだ
きっとこれからが 本当の始まり


Na Na Na Na...

comin' up yo
how we wanna know it
Go shawty Go shawty 
we're gonna do it like this
PR

原曲:ハッピーシンセサイザ(巡音ルカ・GUMI/EasyPop)
ゴールドとルビー。CP要素が強いのでカテゴリをこちらに。



ハッピーレゾナンス 君の 胸の奥まで
届くようなメロディを歌うよ

儚く散った悲しい初恋
運命だよね 今となれば
見る物全て 輝いて見えた
あの日々がキレイに 笑ってるよ


真面目な事ばかり 覚えなきゃならねーの?
「おしとやかになれよな」
ならなくていいよ
知らない事ばかり 知らねぇなんて言えなくて
「大変お似合いで」
ウソついてゴメンな


ハッピーレゾナンス 君の 胸の奥まで
届くようなメロディ を歌うよ
つまらない「たてまえ」や ヤな事全部
消してあげるから この歌で

自分勝手だけど ボクに唯一つ
少しだけど 出来る事

心ときめかす 飾らない 言葉
今この場で伝えるよ



好きになる事 理屈なんかじゃなくて
「こじつけ」なんて いらねーんじゃねえ?
アイツのせいと 諦めたらそこまで
踏み出さなくちゃ 何も始まらない


「ゴメンね夜遅く 寝るところだったでしょ?」
「驚いた 私もかけるとこだったたい」
心の裏側をくすぐられてるような
惹かれあう2人に 幸せな歌を


ハッピーレゾナンス ほらね 楽しくなるよ
涙拭うメロディ を歌うよ
強がらなくたっていいんじゃない? 別に
自分に素直になればいい

突っ走るだけの オレに唯一つ
少しだけど 出来る事
ちょっと照れるような 単純な気持ち
今この場で伝えるよ



ハッピーレゾナンス 君の 胸の奥まで
届くようなメロディ を歌うよ
つまらない「たてまえ」や ヤな事全部
消してあげるから この歌で

まだ未熟だけどボク(オレ)に唯一つ
少しだけど 出来ること
心ときめかす 飾らない 言葉
今この場で伝えるよ

ハッピーレゾナンス ほらね 楽しくなるよ
涙拭うメロディ を歌うよ
強がらなくたっていいんじゃない? 別に
自分に素直になればいい

敵わないけれど ボク(オレ)に唯一つ
少しだけど 出来る事
ちょっと照れるような 単純な気持ち
今この場で伝えるよ

原曲:ライオン(マクロスF)



ホウエン回れ リボンを求め
ボクのポケモンは
いつも 美しい Beautiful!

強さ求め ジムば挑戦する
あいつには負けられん

80日のうちに制覇!

自分のプライド守るためにも
絶対 負けられない!
シューズの導きで 今 見つめ合った
相いれない 自分の目標
絶対 認めさせる
本気の力 見せつけるまで
私 休まない

実はいい奴 そう思った時に
力 見せつけられて 裏切られた気持ち

戦う事から避けてはきたけど 今のボクができること
グラードンとカイオーガ 止める!

生き残りたい 生き残りたい
まだ生きていたくなる
幼い頃から想ってるあの人に
今の自分を見せてあげたい
こんなに変わった自分
本気の気持ち伝えるまで
私 眠らない

何のために戦う?
何でウソばつくの?

悲しき記憶 埋まらない傷
バトル恐れてた
離れてた2人が、いま 惹かれ合った

さまよい果てて 君の隣で
ほてり 鎮めたい
本気の身体 見せつけるまで
君を離さない

一緒に行こう がけっぷちでいい
君を愛してる
惹かれあう想いが まだ 巡り会った
狂気に代えて 祈り捧ぐよ
君を愛してる
運命の導きで...

生き残りたい まだ生きてたい
君を愛してる
本気のココロ見せつけるまで
君を離さない

原曲:shiny smile(アイドルマスター)
正確にはレッド←クリスのクリス視点



お気に入りの髪型 うまく決まらなくて
何度も解いてやり直し
夢に見るけど 憧れじゃないんだ

妥協しない 君に届きたい
君の居場所探して ねぇ 走るよ

君まで届きたい! 全部を越えて
坂道続いても 諦めたりしない
でも途中で一度足が止まって
それでも立ち上がって行こう
私 Can't stop!

少しずつ新しい 貴方を知っていくたびに
「ホント?!」 繰り返し
驚くばかり もっと好きになるんだ

制御効かない もっと知りたい
傷付くコト避けたら ねぇ ダメだよ

君へと届きたい 転びそうでも
涙を我慢してもう一度顔上げて

目の前の坂道乗り越えたら
夢見てるキラキラな日々を
私 Don't cry! もっと…

君まで届きたい! 泣きそうになっても
坂道続いても諦めたりしない
太陽が射したらスパートかけて
いつだって笑ってみせたい


君へと届きたい! 転んじゃっても
ブレーキを我慢してラストスパートかけて
昨日までの自分を乗り越えたら
待ってるのはキラキラな日々が
私 君と shiny smile 

shiny smile ふたり ずっと…

原曲:Invisible Tears(鏡音レン・初音ミク/tysP)
ゴールド×クリス



今でもこの心刺すのは
去り際に見たお前の Sad Face
取り戻すことを確信してても
見えない壁が急に佇む

気付けば手を差し伸べてた出会い
虚しく空振りしてた知ってる?
初めて言った俺への言葉
忘れるわけないだろ絶対に

男らしく庇おうとしても
何故か照れくささがいつも前に出る
その態度は俺へだけのと幻想
できれば笑顔すら独占したい

Last smile 過去を悔やむことはしない
どんなに煙たがられようともお前の
瞳から失われることのないよう
どんなでもいいから忘れずにいてくれ


歪む時空(とき)の中のあなたが見えない
いつも一人で負う(追う)背中
変わることのできない運命を
ここで見守るだけ・・・


噛み合うことない性質(たち)のお互い
考えることはいつもミステリアス
Relation もつれた2人の関係
危険からは遠ざけたいだけ

わざと話を逸らす振り
逃れることのできないポケギア
話はあくびだらけの業務内容
ガチガチなお前にお似合い

目移り、出来心、移り気
そんな俺を今どう思ってる
「別に気にして欲しいわけじゃない」
隠してもどうせ鈍感だろ?

好みでもないのに脳裏から離れない
凡衆に紛れても一目で気がつく
忘れられないんだ It's so bright.
いつになったら目を合わせられる


決して交わる事のない2人を
繋ぐ図鑑を持ち続けれる
たとえ悲劇が待ちうけていても
共に歩めるのならば

捕えることのできない唯一のあなた
視線が描く未来はもう
光を見据えているそれなのに
心離さない・・・

原曲:メルト(VOCALOID:初音ミク/super cell)



朝目が覚めて
真っ先に思い浮かぶ
君のこと
思い切って前髪を切った
「どうしたの?」って聞かれたくて
サイドで結んで 銀のふちなしメガネ
かけて 出かけるよ
今日も あいつは 遅れて来る

メルト 溶けてしまいそう
好きだなんて 絶対に言えない
だけど
メルト 目も合わせられない
恋に恋なんてしないよ 俺は
だって君のことが "好きだよ"


天気予報がウソをついた 土砂降りの雨が降る
カバンに入れたままの おりたたみ傘 思い出して
取り出して開く
"………… ……入れば?"
そんな時
"しょ、しょーがねーから 入ってやる!"なんて
隣に居る 君が照れる
恋に落ちる音がした

メルト 息がつまりそう
君と触れあう右手が 震える
高鳴る胸 半分この傘
手を伸ばせば届く距離 どうしよう…
想いよ届け 君に…

お願い 時間よ止まれ 泣きそうだよ
でも嬉しくて 死んでしまうわ

メルト 駅に着いてしまう
もう会えない 近くて
遠いよ だから
メルト 手を繋いで 歩きたい
もうさよならしなくちゃいけないから
"…今日、うちでゲームでもしねぇ?"
今すぐ 好きだと 抱きしめたい
…なんてな!

原曲:サクラノ前夜(初音ミク/ほえほえP)
ルビーとサファイア


パパ ママ ありがとう そしてごめんなさい
もうこんな家には一秒も居たくない
頭の傷跡 帽子で隠して
小さな夢と共に 一人走り出した

キミはもうきっと 覚えてないかな
ボクとキミの二人だけで 交わした約束
「大人になる前に 伝説を超えよう
そうすればボクらのほうが 凄いって事でしょ」

時を刻む音はまるで 自分だけが置いて行かれたようで
こんなちっぽけなボクなんかじゃ キミにまだ会えない…

「なんでかな?皆はボクから離れてく」と泣いていた
「怖いよ」と小さく 震える顔が浮かぶ
キミを傷つけた 強さを求めてた 「ボク」とは
今夜別れを告げるの 真逆の世界へ



街外れの森の中 アタシの好きな場所
二人でよく遊んだ あの森とよく似てる
木の枝にぶつかって 傷が絶えない
でもキミの「傷」と比べたら こんなもの痛くない

のばされる手と 震える足 暗い森が容赦なく牙を剥く
例えここで引き返しても アタシに何が出来るの?

怖くて逃げだして否定したキミの全てを
守られるだけ弱いアタシはいらない
もうすぐで叶うんだ 唯一のキミとアタシ 繋ぐもの
陽だまりの下 大きな 始まりの木が見えた



大地が沈んでた 海が干上がっていた
世界が壊れてた キミはそこにいた

どうかな?あの時とは違う 美しいボクは/強いアタシは
キミの心が 今ならわかる気がする から
ボクが/アタシが 捨て去った 強さとか 弱さとか 
全てがキミの中にある
大丈夫 キミは「そのまま」が一番似合うから
目の前の笑顔だけで ボク/アタシは生きてゆける

暗い森の中 明るい声が響いた
無邪気なキミと 大人しいアタシ
「大人になる前に 二人で叶えよう」
大好きな笑顔が アタシの手を取った

原曲:メルト(初音ミク/super cell)
内容CPものクリス単体。



仕事の最中 ふと浮かぶ 金色の貴方のこと
思い切って お洒落をする 私だけを見てほしいから
真っ白のワンピース 星型のイヤリング
つけて逢いに行くわ
今日の私は少し 違うのよ

メルト 溶けてしまいそう
好きだなんて素直にいえない・・・
だけどメルト 貴方に伝えたい
勇気を振り絞って伝えるの
太陽みたいな貴方が ・・・好きなの


仕事の終わり 外に出たら 急に雨が降り出した
いつも置いてるはずの オリタタミ傘 今日はなくて
どうしようかしら そんなとき
「しょうがねぇから入れてやるよ」なんて
隣に居た貴方が言う
愛しさが さらに増した

メルト 優しい貴方
私が濡れないように 傘をさす
うれしくて 思わず 頬に口づけた
照れる貴方 赤い顔 恥ずかしいけど・・・
たまにはね 素直になりたい

お願い時間をとめて 泣きそうなの
でも嬉しくて 死んでしまうわ!

メルト 家が近づいてる・・・
もう少し このままで 居たいの
それは メルト 貴方も同じなのかな
顔を見ると 貴方が囁いた
なぁ、このまま どこかいかねぇか?
・・・いいわよ

原曲:モザイクロール(GUMI/DECO*27)
シルバー×ゴールド



とある記憶が俺に突き刺さる
傷口から漏れ出す液を「憎」(ぞう)と形容してみた

思いやりの欠如と 形だけの存在
闇に生きる俺と お前は正反対

「それでも好き・・・。」だと?

憎んだっていいじゃないか
記憶過去も 何もかもを
これが運命なんだろう?
消える消える 薄い希望


出会った頃とは もう違ぇだろが
凍りついた心は とっくに溶け出してんだよ
思いやりの欠如と 形だけの存在
光に居る俺と お前は正反対

それでもいいだろ・・・?


愛しろって言うのですか?
闇に溶けた この姿を
殺したっていいじゃないか
俺が憎む俺自身(自分)なんて


愛したっていいじゃねぇか
闇に 生きた そんなお前も

笑ったっていいじゃねぇか
ずっと 続く この世界で


原曲:キミ以上、ボク未満。(初音ミク/DECO*27)
グリーン×レッド



オレが笑うたびにくれる 溢れる愛に満ちた笑顔 
涙流すたびに増える 頬に出来る優しさ模様


「好き!」って言って
「大好き!!」って、「ちょー好き!!!」って言いまくってみる
「たまには」ってねだった そしたら抱きしめてくれるからさ///


オレはいつだって どこだって おまえが大好き
だからいつだって 美味そうなモチが妬けるんだよ!……はあ。


オレより可愛い子、オレより優しい子、元気で胸の大きな子。
あー!うじうじ……
世界はオレ以上で溢れかえってる
でも


オレの心中(せかい)にはおまえしかいないさ


2人出会った日 付き合う日 忘れてないぜ
そして今だって 変わらないんだ この気持ちは


オレより背が低い オレよりウマシカ(呆)
オレがいつか勝利する相手 種目は「バトル」だけか?


オレはいつだって どこだって おまえが1番!
だからいつだって 誰よりも信頼しているんだ!


オレらいつだって どこだって 二人きりだよ

だからいつだって 泣いたっていいぞ、怖くないさ
 HOME | 1  2  3 
Admin / Write
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[10/19 uggs outlet]
[08/28 NONAME]
[07/31 NONAME]
[12/12 ぽけポケ♪]
[11/15 Nick]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]